一般社団法人 日本戦没者遺骨収集推進協会

採用情報

 本協会では、遺骨収集事業、遺骨情報現地調査事業に従事していただく「常勤職員」を募集しています。

 遺骨収集事業は、海外の主要戦域や国内硫黄島に派遣され、遺骨の送還を主に行う事業です。

 遺骨情報現地調査事業は、遺骨収集以前に現地へ入り、日本人戦没者の埋葬情報を集め、時には試掘して遺骨を確かめる事業です。

<勤務形態>

勤務は週5日(土日祝日、その他休暇あり)で、3カ月の試用期間中の勤務態度等を見て採用します。本人の意思を確認しますが、場合によっては臨時職員としての採用となります。

<仕事の内容>

遺骨収集事業及び遺骨情報現地調査事業への派遣、計画、立案等が主体です。派遣地域は南部太平洋島嶼地域、パプアニューギニア、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、インド、旧ソ連地域等の海外主要戦域のほか、日本の硫黄島も対象となっています。社員団体等からの派遣者と派遣団を編成し、2週間程度ずつ年5~6回派遣され戦没者遺骨の収容作業等に従事することになります。

<処遇>

給与は経験、能力に応じて、本協会の給与規程により決定します。各種社会保険が適用されます。

<申し込み方法>

市販の履歴書を用い、どの職種を希望するかを明示し、「遺骨収集事業に対する思い」と題して、400字詰め原稿用紙2枚程度、手書き(パソコンでの作成不可)を添えて事務局までご送付下さい。

<締切日> 

令和2年2月17日(月)必着

<面接>

面接の有無は、書類選考後、個別に連絡します。

<送付先>

<送付先>

一般社団法人日本戦没者遺骨収集推進協会事務局

採用担当者 行

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-5-21 寿ビル5階

℡ 03-3581-2755

 
loading